<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< また鉄剤 | main | はじめまして >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* * - * - *
本当に最後の幼稚園生活
JUGEMテーマ:育児

 さっちゃん、今日が最後のお預かりでした。
31日までは園児として預かってくれるのですが、
30、31日は用があって幼稚園に行けないのです。
それがチョット心残り…



幼稚園でお弁当を食べるのは今日が最後。
それなのに相変わらず手抜きで申し訳ないけど

今日は本当に最後の園生活だったので帰る時に、
全職員で見送ってくださいました。

それで、さっちゃん、また泣いちゃいました
『もう会えないって訳じゃないから、泣かなくていいんだよ。
またいつでも遊びにおいでね。待ってるよ
…って言われ、更に泣いてました

それ見てたらつられて私まで泣いてみたり
ついでに言えば、今年度受け持ってくれた先生も泣いてました

やっぱり4年も通っていたところを去るのは寂しいですね。
今度遊びに行く時はもう園児じゃないわけで…。
しばらくは切ない気分にひたる親子だと思われます。


話変わりますが…。
今日は旦那さんのお誕生日
とは言っても、本人は何度誕生日が来ても35歳のまま。
35歳で逝ってしまった旦那さん。
さっちゃんはお父さんと一緒にいた期間がたった1年。
ホント1年と9日という短い間しか一緒にいれなかったのです。
この先、お父さんがいないことで寂しい思いをすることが
たくさんあると思うとそれがかわいそうですが、そこは
私と一緒にたくましく乗り越えていこうと思ってます。
* 23:10 * comments(2) * - *
スポンサーサイト
* 23:10 * - * - *
 コメント
お久しぶりです。
最後の最後の園生活・・。涙・涙でのお別れだったのですね。本当に切なくなりますね。
でもまた会いたい時にはいつでも会える距離。再会を楽しみに♪

ご主人のお誕生日だったのですね。
私の友達が昨年小1と年少のお子さんを残して病気で亡くなられました。その事実を知ったのはつい1ヶ月前なのですが。
彼女のご主人が葬儀の時に仰ったと言う言葉がとても印象的で・・。『残された子供達をかわいそうだと思わないで下さい。若くして母親と別れる運命ではあっても敢えて自分達夫婦を選んで生まれて来た子供です。だから大丈夫です。』
さっちゃんママの大きな愛に包まれてさっちゃんはたくさんの事を乗り越えてくれると思います。
** だあだ * 2009/03/31 12:54 AM *
お返事が遅くなってごめんなさ〜い。

幼稚園を去るのはやっぱり寂しかったようです。4年も通い、みんなの先生にとってもかわいがってもらったさっちゃん。今度はランドセル姿で先生方に会いに行こうと思います♪

実は私自身も母子家庭育ち。とは言え、父親は生きてます。でもさっちゃんは父親に会いたくても会えないんですよね。これから先、色んな行事、イベントなんかでどんな思いをするのか…と思うと切なくなりますが、たくましく乗り越えて行ってもらいます!何と言っても私の娘ですから♪

** さっちゃんママ * 2009/04/03 1:53 AM *
 コメントする